冬の祭りと風習

スイスでは特に冬に多くの伝統祭事が行われる。その昔、農民は、忙しい夏よりも冬に休暇のための時間を取れたためである。

ファスナハトのパレードをするマスクをつけた人々
ファスナハトのパレード © FDFA, Presence Switzerland

ニコラス

12月6日は、子供の守護聖人である聖ニコラスによる聖ニコラス祭が行われる。聖ニコラスは、クッキーやナッツ、チョコレート、オレンジを渡して、良い子を褒めるが、逆に、時を経て悪役を担うようになった黒装束でムチを持った“シュムッツリ”と呼ばれるキャラクターが子供たちを脅かす。

エスカラード

ジュネーヴ州では、“エスカラード”を祝うと共に1602年にジュネーヴがサヴォワ公率いるカトリック軍を敗北させた過去に思いを馳せる。12月12日の直後の週末に当時の衣装を身につけた人たちのパレードが行われ、公式の式辞が述べられる。

アドベント(待降節)とクリスマス

クリスマス前の4週間には、スイスのアドベントが祝われる。子供たちは、伝統に則って、毎日、アドベントカレンダー(クリスマスまでの日数を数えるためのカレンダー)についている窓(窓の後ろにイラストやお菓子が隠されている)を開けていく。また、アドベントクランツ(待降節のリース)についた4本のろうそくを毎週日曜日に一本ずつ消していく。

多くの人たちがクリスマスコンサート、クリスマスコーラス、クリスマスマーケット、ミサなど、クリスマスに関するイベントに参加する。子供たちは、クリスマスイヴ(12月24日)や12月25日の朝にプレゼントの包みをあける。

ファスナハト(カーニバル)

ほとんどのスイスの州では、冬の終わりにファスナハトが行われる。地域によって開催日は、異なる。最も有名で最大級のファスナハトは、バーゼルとルツェルンのファスナハトである。異教とキリスト教の神話によると、恐ろしい形相のマスクは、悪霊を追い払うと言われている。音楽と共にお祝いムードのパレードが道を練り歩く。

その他の祭り

12月26日から31日までの間に村と周辺の地域の男たちが大きなカウベルを鳴らしながら練り歩くマイリンゲン(ベルナーオーバーラント)の“トゥリヒラー”など、スイスのいたるところで数多くの冬の祭りが行われている。ヴァリス州レッチェンタールの住民は、毎年、2月3日から灰の水曜日までの間、恐ろしい形相の木のマスクを被り、羊の毛皮を着て、ファスナハトのコスチューム(“チェゲッタ”という)に身を包む。

より詳しい情報