伝統−統計データ

伝統と風習は、スイスの日常と強く結びついている。

街道を歩くアルプホルンを持った3人の男性
長い伝統を持つアルプホルン © FDFA, Presence Switzerland

  • 1339年のラウペン戦い(ベルン州)は、初めてスイスで白十字がシンボルとして使用された機会となった。ラウペンの戦いでは、敵味方を識別する目的として戦闘服の上に白十字が描かれた。
  • 『スイス賛歌』は、1961年からスイスの国歌である。それ以前は、『呼び求めよ我が祖国』という歌詞がイギリスの国歌『女王陛下万歳』のメロディに合わせて歌われていた。
  • 2014年、新しい国歌を作るためのコンテストが行われた。
  • スイスは、バーゼルのファスナハトやヴェヴェイのワイン祭りなどの活気あふれる167の伝統・慣習をユネスコ無形文化財の代表リストに登録した。
  • 8月1日は、建国記念日である。スイスは、この日、1921年にウーリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンが外敵からの脅威により自由が侵略された際の相互援助を誓い合ったことに思いを馳せる。
  • 3年ごとに開催されるスイス・ヨーデル祭りには約1万人のヨーデル歌手、旗振り、アルプホルン奏者が集まる。
  • ヨハナ・スピリによって19世紀に執筆された『ハイジ』は、この間、50カ国語以上に翻訳され、数多く映画化された。