春の祭りと慣習

スイスにある多くの春祭りは、宗教的な祭事であるイースターと関連している。

チューリヒの燃えているベーグ
ベーグを燃やして冬を追い払う(チューリヒ) © Zurich Tourism / Andreas Omvik

イースターは、それぞれの地域で独自の祭りが行われる重要なキリスト教の祭事である。例えば、ティチーノ州メンドリシオでは、復活祭前の聖木曜日と聖金曜日に大勢の人々が参加してイースター行列が行われる。フリブール州の小さな町ロモンでは、15世紀に遡る会葬のセレモニーが行われる。黒装束の女達が聖母マリアに扮した少女の後について町中を練り歩き、礼拝の歌と祈りが響き渡る。

復活祭の日曜日の朝、スイスの子供たちは、両親が事前に家の中や庭に隠したカラフルに彩色されたイースターの卵(ゆで卵の殻に絵や模様をカラフルに描いたもの)やチョコレートで作ったうさぎを探す。ドイツ語圏にある2つの卵をぶつけ合って、どちらの卵の殻が固いかを確かめるゲーム“アヤートゥトゥシェ”など、多くの地域で独自の慣習がある。

ゼクセロイテン

チューリヒには、ツンフトの祭り“ゼクセロイテン”がある。毎年、4月の第3月曜日には、歴史的なコスチュームを身につけたパレードが町の中で行われ、パレードの後には、布製の雪だるまに木毛と火薬を詰めた“ベーグ”が燃やされる。ベーグが早く燃えれば燃えるほど、その年の夏は、長く暑いと言われている。この慣習を見に大勢の人々が訪れる。

闘牛

ヴァリス州では、春から秋にかけてエラン種による闘牛が行われる。闘牛場で牛が角を突き合わせて闘いが始まり、勝者には、女王の名が与えられる。州の決勝大会は、5月にアプロスで開催される。

パトロイ・ド・グレイシャ

パトロイ・ド・グレイシャ(氷河パトロール・レース)は、スイス軍の山岳スキー国際レースである。レースのコースは、ツェルマットからヴェルビエ(もしくは、限定された野外コースとしてのアローラからツェルマット)である。レースは、3人を一組として行われる。(軍人、民間人)この他に類を見ないレースは、その独自性、コースの長さ(53km)、大変過酷な高山レースであるという特徴がある。2016年に開催されたパトロイ・ド・グレイシャには、スイス、フランス、イタリア、ギリシャ、ルクセンブルグ、中国、南アフリカ、香港、アラブ首長国連邦など33カ国から4,719人が参加した。