言語 − 統計データ

スイスには、4つの言語圏がある。:ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語圏である。フランス語を除き、その他の公用語が話される割合は減っている。最もよく話されている公用語以外の言語は、英語とポルトガル語である。多言語は、スイスの本質的なアイデンティティーを表している。

スイスにとって重要な特色である言語

  • 6割以上の国民がドイツ語を話している。実際は、“スイスドイツ語”と総称されるアレマン語の混合方言が使われている。
  • ロマンディと呼ばれるスイスのフランス語圏ではフランス語が公用語である。
  • ティチーノ州とグラウビュンデン州の一部では、イタリア語が公用語である。
  • ラテン語を起源に持つロマンシュ語は、グラウビュンデン州で話されている。
  • 4つの州(ベルン、フリブール、ヴァリス、グラウビュンデン)と2つの町(ビール、フリブール)では、公式に多言語が使われている。
  • 職場で使用されている言語では、スイスドイツ語が最も多く(6割以上)、ドイツ語(3割以上)、フランス語(3割以下)、英語(約2割)、イタリア語(1割以下)がそれに続く。
  • 15歳以上の4割を超える国民は、2つ以上の言語を日常的に使用している。
  • 言語の多様性には、スイスに暮らす外国人も寄与している。英語とポルトガル語は、スイスで最も話されている外国語である。
  • その他、スイスで多く話されている言語は、スペイン語、セルビア語、クロアチア語、アラブ語である。
  • 多言語は、スイスのアイデンティティーであることだけでなく、言語法で守られている。