資金調達と振興政策

スイスは、世界で最も技術革新が盛んな国のひとつとであり続けることを目標とし、研究開発を促進している。研究開発への公的な資金提供は、研究者の主体性、競争の原則、質の高い助成規準の確立に向けて行われている。

作業中の実験助手
© FDFA, Presence Switzerland

・公的な研究助成に関して、連邦は、スイス国立科学財団(SNSF)とイノスイス(スイス技術革新振興局)への資金調達を行っており、さらに、連邦工科大学の研究施設や大学以外の研究施設への助成も行っている。州は、特に州立大学や高等専門学校を管轄する立場で貢献している。

・連邦にとって、教育、研究、技術革新への融資は、政治的に優先する目標に含まれている。連邦の教育、研究、技術革新への投資は、2013年から2016年の期間で約260億フランが計画されている。

2017年、スイス国立科学財団(SNSF)は、助成のための資金として総額10億3700フランを定めた。そのうちの23%が人文科学、社会科学、38%が数学、自然科学、エンジニアリング、39%が生物学、医学に分配された。

重要な研究プログラムは、戦略的な重要性のある分野における研究が促進できるよう国の研究重要項目としてまとめられている。2017年、スイス国立科学財団は、909の国の研究重要項目プロジェクトに5億1460万フランの資金調達を行った。国立科学財団のその他の研究プロジェクトは、国立研究プログラム(51プロジェクト、予算2540万フラン)と共同プロジェクト(33プロジェクト、予算7070万フラン)である。

イノスイス−技術革新委員会(Innosuisse)は、科学を基盤とした技術革新への関心を経済界や社会に促している。さらに、イノスイスは、スタートアップの研修やコーチングを提供し、知識と技術の応用を助成している。2017年、414のプロジェクトに国家予算1億3210万フランの補助を行った。