公的資金

国際的に比較するとスイス政府の借金は少ない。公会計は、何年も前から黒字計上している。

機械から落ちるスイスフラン
連邦造幣局“スイスミント”での貨幣製造 © Swissmint

約33%の歳出は、連邦からのものである。州の歳出は、約43%と最も大きな割合を占め、残りの24%が市町村の負担となる。

税金は、最も重要な政府の収入である。連邦レベルでは付加価値税と連邦税、州と市町村レベルでは、個人からの所得税、および、資産税が主に徴収されている。

負債

1990年代、政府の借金は激しく増大した。1990年に国内総生産の30.9%だったものが2004年末には、52.8%に膨らんだ。2003年に国が歳出を抑制した結果、国の借金の割合は再び減少し、2014年の負債は国内総生産の34.7%だった。

2006年以降、政府(連邦、州、市町村、および、社会保障)の公会計は、毎年、黒字を計上している。