国歌

現在のスイス国歌は、1961年から使われている。

スイスの旧約聖書の詩のオリジナル写本
スイスの旧約聖書の詩のオリジナル写本 © Swiss National Library

スイスの最初の国歌は、1811年にヨハン・ルドルフが作詞し、イギリス国歌“女王陛下万歳(God Save the Queen)”のメロディで歌われていた“呼び求めよ我が祖国”である。

現在の国歌は、1841年に誕生した“スイス賛歌”である。歌詞は、チューリヒ出身のレオナルド・ヴィドマール、曲は、ウーリ州の司祭で作曲家のアルベリヒ・ツヴィシクが作った。

1961年、連邦議会は、“スイス賛歌”を仮の軍事的および、外交的な新しい国歌と認定し、1981年には、連邦議会の決議により公式なスイスの国歌に確定した。

社会的、政治的に重要な組織であるスイス公益団体(SGG)は、2014年に新しいスイス国歌を作るための公募を行った。2015年、審査委員会は、チューリヒ出身のヴェルナー・ヴィドマー氏の歌詞が採用されたこと公表し、歌詞は4つの公用語に翻訳された。スイス公益団体は、歌詞が広く国民に受け入れられた段階で、この新しい国歌の公式承認を管轄官庁に提案する予定である。

より詳しい情報