音楽

民族音楽は、特に農村地域で変わらずに広く愛好されている。一方で、音楽フェスティバルが大きな盛り上がりを見せるように現代的な音楽もスイスで重要な位置を占めている。スイス人の3人に2人が少なくとも年に一度は、コンサートや音楽の演奏会を訪れており、5人に1人は、何らかの楽器を演奏する。

スイスの特殊なハンドオルガン“シュヴィッツァーオルゲリ”
スイスの特殊なハンドオルガン“シュヴィッツァーオルゲリ” © Imagepoint.biz

民族音楽

伝統的な民族音楽は、山岳地方の農民の生活に起源を発する。スイス民族音楽の典型的な楽器は、アルプホルンや特別な形のアコーディオンであるシュヴィツァーオルゲリ、ハックブレットである。ヨーデルは、昔、家畜を呼び寄せるためや違う山で働く者同士の合図として生まれ、スイスの伝統的な民族音楽の中心にある歌唱方法である。数多くのアンサンブル、ブラスバンド、合唱、民族舞踊のレントラーなどスイスのすべての地方で変わらずに保護され、4年ごとに開催されて多くの参加者が集うスイス民族音楽祭などの民族祭に登場する。

クラシックとオペラ

最も有名な作曲家/指揮者として挙げられるのは、ヨアヒム・ラフ(1822年〜1882年)、エルンスト・ブロッホ(1880年〜1959年)、エルンスト・アンセルマット(1883年〜1969年)、オトマー・ショエック(1886年〜1957年)、アルテュール・オネゲル(1892年〜1995年)である。現代の主要なオーケストラとしては、ジュネーヴのスイス・ロマンド管弦楽団、チューリヒのトーンハレ管弦楽団が挙げられる。多くのスイスの都市は、独自のオペラハウスを所有しており、チューリヒとジュネーヴのオペラハウスは、国境を越えて名声を得ている。

バーゼルにあるパウル・ザッハー財団は、著名な作曲家と演奏家の遺稿や遺品を管理し、20世紀と21世紀の音楽のための国際的な研究センターを運営している。ジュネーヴ国際音楽コンクールとチューリヒのゲザ・アンダ国際ピアノコンクールという2つの有名なコンクールでは、クラシック音楽の演奏者が表彰される。

ロック、ポップス、ジャズ、電子音楽、ヒップホップ

多くのスイス人アーティストが国際的にも有名になり、スイスの音楽の歴史を書き換えている。ベルンドイツ語の歌詞が世代を超えて親しまれたマニ・マッター(1936年〜1972年)、80年代に電子音楽シーンの頂点に立ったチューリヒのデュオ、イエロなどの名前が挙げられる。ローザンヌ出身のグループ Sens Unikは、フランス語ヒップホップのパイオニアとしてその名を馳せた。バーゼルのジョルジュ・グルンツは、近年で最も著名なジャズプレイヤーの1人とされている。

現在活躍中の国内外で成功を収めているミュージシャンは、シュテファン・アイヒャー、ゴッタルド、クロークス、ミヒャエル・フォン・デア・ハイデ、アンドレアス・フォレンヴァイダー、DJボボ、DJアントワーヌ、エリック・トラファズ、ストレス、ハイジ・ハッピー、ソフィー・フンガー、バスティアン・ベイカーなどである。

毎年3月には、その時々に活躍したミュージシャンにスイスミュージックアワードが授与される。

より詳しい情報