文学

スイスには、4つの国語すべてで多くの優れた文学作品がある。マックス・フリッシュ、フリードリッヒ・デュレマット、ジャン・ジャック・ルソーなどが代表的である。

フリードリッヒ・デュレンマットの本を読む女性
© FDFA, Presence Switzerland

スイスには、1つの言語ではなく、ドイツ語圏、フランス語圏、イタリア語圏、ロマンシュ語圏出身の作者によって書かれた4つの言語による伝統文学がある。

ドイツ語圏を代表する作家は、『ホモ・ファーバー』のマックス・フリッシュ、『老婦人の訪問』のフリードリッヒ・デュレンマットである。2人には共に、戦後のヘルヴェティアの様子を辛辣に批評したという共通項がある。彼らの古典的な先任者と言えば、19世紀のイェレミアス・ゴットヘルフとゴットフリード・ケラーである。同時代のヨハナ・スピリは、有名な小説『ハイジ』の作者である。

哲学的な小説『スィッダールタ』の作者であるヘルマン・ヘッセは、20世紀初めになって知られるようになった。現代作家としては、ペーター・ビクセル、マルティン・ズーター、ウルス・ヴィッドマール、フランツ・ホーラーが挙げられ、さらに若い世代の作家には、トーマス・ヒューリマン、メリンダ・ナジ・アボニー、ペーター・シュタム、ルカス・バーフスが挙げられる。

フランス語圏の作家で啓蒙主義の哲学者ジャン・ジャック・ルソーは、18世紀に『ジュリ、あるいは新エロイーズ』や『社会契約論』などの多くの重要な作品を発表した。19世紀初めスタール夫人とバンジャマン・コンスタンが登場、続いて、第二次世界大戦中には、ブレーズ・サンドラールが登場した。同時代の作家としては、シャルル・フェルディナン・ラミュが挙げられ、彼の最も有名な作品は、スイスのフランス語圏にある農村の厳しい生活を描写した『山の大いなる怒り』と『アルプス高地での戦い』である。20世紀には、ジャック・シェセックス、モーリス・ボルジョー、モーリス・シャバ、コリーナ・ビレ、アリス・リヴァなどが作品を作った。成功を収めた現代若手作家としては、ジョエル・ディッカーが挙げられる。

スイスのイタリア語圏の文学は、フランチェスコ・キエサ、ピエトロ・ビアンコーニ、ウゴ・カノニカ、ジョルジオ・オレッリによって作られた。最も重要なロマンシュ語の作家は、グラウビュンデン州のセリーナ・チェンツ、クラ・ビエト、ギオン・デプラゼス、クロ・ドゥリ・ベッツォラと作詞家のリナルド・バルディルである。

連邦文化局は、毎年、2作品にスイス文学グランプリ、5作品から7作品に文学賞を授与している。ソロトゥルンの文学月間は、毎年一回、6月にスイス人作家のためのフォーラムとして利用され、7月にロイカバットで開催される文学フェスティバルでは、世界中の作家が紹介される。

より詳しい情報