彫刻

最も有名なスイス人彫刻家は、アルベルト・ジャコメッティとジャン・ティンゲリーである。

ジャン・ティンゲリーの作品『Jo-Siffert-Brunnen』
ジャン・ティンゲリーの作品『Jo-Siffert-Brunnen』 © Swiss Image / Hans-Peter Siffert

国際的に知られるスイス人彫刻家は、グラウビュンデンの芸術家アルベルト・ジャコメッティである。ジャコメッティのひょろ長い手足を持つシュールレアリスムスと実存主義に影響された人物像は、世界中の美術館で見ることができる。最も注目に値するジャコメッティコレクションは、チューリヒ美術館にある。

また、別の方向性を持つ彫刻では、ジャン・ティンゲリーの金属辺によるキネティックアートが挙げられる。彼の最も重要な作品の一つで、F1レーサーのジョー・シフェルトに献呈された作品は、フリーブールの公園にある。同様の作風を持つのは、ヴァルター・リンクが作る金属性の可動式像とベルンハード・ルギンビュールの鉄製巨像である。

ジャン・ティンゲリーの妻でフランス人のニキ・ド・サンファルは、カラフルで巨大な女性像の作者として知られている。彼女の作品は、チューリヒ駅舎の大ホールの天井に吊られている。グラウビュンデン出身のHR・ギーガーのゴシック様式の像は、映画“エイリアン”で見ることができる。