宗教革命

ジュネーヴにある宗教革命の記念碑に描かれたカルヴァン
宗教革命の記念碑 © Traumrune

16世紀初頭、西ヨーロッパでは宗教革命によりキリスト教会が2つに分裂した。マルティン・ルターによってもたらされた宗教革命は、目に見える形の教会や教会の最高地位である教皇はキリスト教の霊魂の救済のための重要な仲介者ではなく、また、人間の善行はそのための必要条件でもなく、唯一、魂の救済は、キリストを通して与えられた神の慈悲とみなした。人間は、無条件な信仰のみによって自身の救済に寄与することができ、聖職者やその他の人は、その道を教え示すことはできず、唯一、聖書だけがそれを示すことができた。
宗教革命のメッセージは、特に都市部で急速に広まった。特に言語学者の興味を引き、人道主義者に受け入れられ、彼らによって形づくられていった。その成果は、新しい印刷技術によって決定づけられ、バーゼル、後にジュネーヴは、ヨーロッパの重要な書籍印刷の中心地となった。

The Reformation (PDF, 212.5 kB, 英語 )