連邦国家への道(1815年~1848年)

ギョーム・アンリ・デュフールの騎馬像
ギョーム・アンリ・デュフール © FDFA, Presence Switzerland

1815年、ナポレオン戦争の後にヨーロッパの強国間の関係は、革命前の関係に一部復元された。スイスでは、1815年に結ばれた同盟規約により各州でほぼ完全な自治権が与えられたにもかかわらず、州間の支配と被支配の関係は残っていた。1830年には自由主義者により主な州で、1848年には連邦レベルで大幅な憲法修正を達成した。激しい対立や暴動、スイスの最後の内戦である1847年の分離同盟戦争ののちに連邦国家は成立した。

On the way to becoming a federal state (1815–1848) (PDF, Pages 5, 55.7 kB, 英語 )