18世紀

ジャン・ダビデ・アブラハム・ダベルの立像
ローザンヌにあるジャン・ダビデ・アブラハム・ダベルの記念碑 © EDA, Präsenz Schweiz

18世紀は、1712年にフィルメルゲン戦争が終結し、次第に宗教的な対立が治まる中で外交的に平和な時代だったが、州間では、権力を独占する一部の州にいくつかの州が抵抗をしていた。

18世紀を特徴づけていたのは、農業技術の発展と特に繊維産業、時計産業を代表とする分業による家内工業の繁栄である。啓蒙主義の社会は、経済や教育の課題や州を越えた新たな愛国心にも寄与した。啓蒙主義は、宗教の境界を越えるのみならず、国外において志を同じくする者同士の活発な思想交換の場を育てて広まっていった。シャフハウゼンの歴史家ヨハネス・フォン・ミュラーなどは、スイスでは得られなかった生活の場を国外で築いた。

18th century (PDF, Pages 9, 46.6 kB, 英語 )