アルプチーズと風習

スイスには、牛とチーズ作りに関連するさまざまな伝統的風習がある。例えば、牛を高原の牧草地で放牧する夏の時期には、多くの地方で祝いのセレモニーが行われ、花で飾られた牛達のパレードが見受けられる。フリブール州グリュイエール地方では盛装された牛の写真を家の外壁に飾った農家を見かけることができる。

また、ヴァリス/ヴァレー州では、エラン種という気が荒く黒い牛による闘牛が行われる。群れの中で最も強い牛を決める催しとして山の牧草地で行われていたが、現在では小さな地方の選抜大会で階級ごとに勝ち抜いた牛達がさらに競い合い、州の女王を決めるという大会が催され、大会には多くの観客が集まる。

夏の放牧

牛を山の牧草地に放牧することはスイスの夏の伝統的な習慣である。通常、牧童達が、各酪農場から預かった家畜を夏の間中、山の牧草地に放牧し、1日2回の搾乳を行ってチーズを作る。そして、夏が終わる9月の末、彼らは再び家畜を連れて山を下り麓の村に戻る。

山の牧草地での仕事は辛く、賃金も低い。夏の間の4ヶ月、1日の労働時間は14時間になり、週末にも搾乳してチーズを作らなければならないために休日は基本的にない。給料は役割によって日給70フランから150フランで、最高給の人でもスイスの平均給料の約75%である。しかし、都市には高い給料を貰うよりも日々のストレスから逃れ、新鮮な空気と純粋な山の自然を夢見る人々がおり、都市から法律家、教育関係者、医者、芸術家など別の職業を持つ人々が家畜の見張りをするために、夏の高原に来る。山の牧草地の仕事をするためには、専門的なコースを受講し、助手として実地訓練を1シーズン受けなければならない。多くの転職希望者は山の厳しい生活条件を克服するが、実際に短期間働いたのちに、描いていた夢と現実の差が大きいことに気づき挫折してやめてしまう人も多い。

チーズ分配祭り

ベルン州では夏の放牧期の終わりに“ケェスタイレ”と呼ばれるチーズ分配祭りが行われ、毎年9月末にはトゥーン湖畔のユスティス谷で、夏の間に山の牧草地で作られたアルプチーズが牛の持ち主達に配られる。チーズによって品質が違うため、どの酪農家にどのチーズが渡るかは、くじ引きで決められる。チーズの量は搾取されたミルクの量に従って決められ、公平に分配される。

音楽

多くの人々に山の牧草地を連想させるヨーデルの歌声は、スイスを代表する民俗音楽である。さらに、スイスには牛飼い達が牛を呼び集める時に歌う“クーライゲン”と呼ばれる牛飼い歌がある。最も有名な牛飼い歌はグリュイエールで歌われている“ラン・デ・ヴァッシュ”で、フランス語圏の隠れた賛歌の意味もある。

この賛歌は昔、フランスに赴いたスイス傭兵がこの歌を聞くとホームシックになり軍隊から脱走する兵士が出るために、歌うのを禁じられたというほど人々を感動させる曲である。また、この曲は、傭兵のみならず偉大な作曲家ベートーヴェン、ベルリオーズ、ロッシーニらの作品にも影響を与えたといわれている。